5月10日(金) 今日の給食

20240510給食

【こんだて】 ごはん・さばの香味焼き・のっぺい汁・牛乳

【栄養教諭より】

今日の魚はさばです。真鶴でとれたものです。学校から見える福浦の海を泳いでいた
かもしれませんね。
さばのような背中の青い魚には、頭のはたらきをよくするDHAという油と血液を
サラサラにするEPAという油がふくまれています。
お魚が苦手な人も、ぜひ食べてください。

(ぱくぱくクイズ)
「さばを読む」という言葉があります。どういう意味でしょう。

①数をごまかすこと
②本を読むのがはやいこと
③さばを味わって食べること

答えは、 ①数をごまかすこと です。

「さばを読む」とは、自分の都合のいいように、数や年令、体重などをごまかす
という意味です。さばはくさりやすいため、水揚げしたさばを出荷する時に
急いで数えていました。すると、数えた数と実際の数が合わなかったので、
「さばを読む」という言葉が生まれました。もともとは「数えまちがい」を
意味する言葉でしたが、「数をごまかす」という意味で使われるようになりました。

This entry was posted in 心も体も元気もアップ, 給食室から. Bookmark the permalink.

Comments are closed.