5月2日(木) 今日の給食

 

20240502給食

 

【こんだて】 枝豆とツナのご飯・かきたま汁・かしわもち・牛乳

【栄養教諭より】

5月5日は「端午の節句」です。男の子の誕生と健やかな成長を祝う日です。
かしわもちは、端午の節句に食べられます。
かしわもちに巻いてある葉っぱは、かしわの葉です。さくらもちと違って、
葉は食べられないのではがしてから食べます。

(ぱくぱくクイズ)
端午の節句に食べられる「かしわもち」には、どんな願いがこめられているでしょうか。

① 不老不死(永久に若く、死なない)
② 子孫繁栄(子供が生まれて、家系が途絶えない)
③ 無病息災(病気せず、健康であること)

答えは、 ② 子孫繁栄(子供が生まれて、家系が途絶えない) です。

かしわの葉は、新しい芽が出てから古い葉が落ちるので、そこで「家系が途切れない」と
いう意味をかけ、子孫繁栄を願って、男の子の成長を祝う端午の節句にかしわもちを食べる
ようになりました。端午の節句にかしわもちを食べるようになったのは、江戸時代初期
からで、もともと武家が始めた風習でしたが、やがて庶民のあいだや江戸以外の地域にも
広がっていったそうです。

This entry was posted in 心も体も元気もアップ, 給食室から. Bookmark the permalink.

Comments are closed.